MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故 > 明石・神戸市西区 交通事故対応整骨院 交通事故損傷に関する、身体の基礎的状態

明石・神戸市西区 交通事故対応整骨院 交通事故損傷に関する、身体の基礎的状態

2014.10.10 | Category: 交通事故

皆様こんにちは

本日の明石は快晴で日中の気温は28℃ぐらいまで

あがったそうです

少し汗ばむ陽気ですね

本日もアイリス整骨院は元気に開院しております

 

アイリス整骨院は

兵庫県明石市大久保町高丘にあります

交通事故対応整骨院です

不幸にも交通事故に遭われた方

または起こしてしまった方

焦らずに当院にご相談ください

きっとあなたのお悩みを軽くしてくれます

 

☆身体の基礎的状態

交通事故により、組織損傷が発生する場合

そこにはさまざまな要因が働くが、基本的には

損傷直前の個体の基礎的状態と、それに加わる要因の質や量に影響される事になります

これらを検索し把握する事は、施術を行ううえで、「組織損傷のよりよい環境づくり」という点から

不可欠な要素となっています

 

以下「身体の基礎的状態」に関する具体的項目について記します

 

1.年齢

①成長期(乳児期・幼児期・学童期・中学・高校):学童期以降は体格に大きな変化が起こるとともに

もっとも活動量も多く、運動器損傷が発生しやすい時期と言えます

一方では旺盛な発育力によって常に正常に発育しようと働くことから、例え身体組織を損傷しても

そららに対する治癒力(復元力)が高く、骨折しても元通りにしようとする力が強い

 

②壮年期、高齢期:職業、スポーツ、嗜好などによって損傷の場所や程度など様々な違いが生じるが

組織の新陳代謝、あるいは体力の低下に伴い、骨や関節の生物学的、力学的性状も変化して、高齢期には

加重変形・関節変形なども伴って、成長期に比べ組織の抵抗力は低下し、骨折を起こしやすくなり、

様々な運動器損傷が誘発される

 

2.性別

性別による構造の違いによって損傷の特殊性が生じる事があります

例えば、骨形態、関節形態、筋力などの体型的要素、就業内容、スポーツ内容、履物、嗜好

などが交通事故の損傷に男女差がみられる原因となりえます

また女性は、生理、妊娠、出産、閉経をはじめとするホルモンバランスの変化が大きな要因となります

 

3.栄養状態

栄養障害は骨の硬度を低下させ、静力学的機能不全・荷重変形・骨折などの要因となります

栄養障害は食糧の絶対量の低下によっても生じますが、栄養素の一部欠乏、あるいは過剰によっても

起こりうる

 

4.姿勢、体型

前傾姿勢、後傾姿勢、円背、亀背、凹背、側湾、逃避姿勢、個体の体重差・体重の増減、身長の伸び率など

 

5.四肢の形態とそれに伴う状態

①四肢の形態異常:X脚、O脚、偏平足、内反足、外反足、内反肘、外反肘など

②四肢長の異常(先天的要因も含む):上下肢の延長、短縮、一部欠損など

③筋力の不均衡:左右の四肢筋力のアンバランス、拮抗筋間のアンバランス

④左右の優位差:右利き、左利きなど

⑤関節の運動制限と柔軟性:関節の外傷・障害、疾病に伴う可動域制限、病的な関節弛緩など

⑥その他:損傷、障害、など

 

6.体位、肢位

歩行・更衣・睡眠、日常生活様式、スポーツや作業の形態など

 

7.動きに反応する速さの個人差

外力、刺激などに対する筋緊張・弛緩などの速度。疲労度による影響が強い

 

8.情報の遮断

麻痺など

 

9.他疾患による各組織の病的状態及び弱化

出生時から現在まで過去の損要や病歴

 

 

これらの基礎的状態をチェックするには

一定の基準に基づいた評価が必要となります

また評価はできる限り客観性のある数値を用い、かつ正確に記録されなければならない

 

 

 

☆付帯する環境要因

交通事故による損傷の状態に影響を与える環境要因について、代表的なものを列挙します

①温度、湿度

②天候

③就業内容

④身体に着用して身につけるもの(衣服、靴など)

⑤身体に影響を与える身近な環境因子(冷暖房機器など)

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒674-0057 兵庫県明石市大久保町高丘5-13-8
駐車場完備(2台以上置けます)
予約予約優先制となっております
電話番号078-977-7713
休診日日・祝日
水曜・土曜の午後