MENU TEL

Blog記事一覧 > むち打ち,交通事故 > 交通事故における逸失利益について 明石市大久保町・神戸市西区 交通事故(むちうち)治療対応 整骨院

交通事故における逸失利益について 明石市大久保町・神戸市西区 交通事故(むちうち)治療対応 整骨院

2015.04.29 | Category: むち打ち,交通事故

皆様

 

 

おはようございます

 

 

兵庫県明石市大久保町高丘にあります

 

 

交通事故 治療 対応 の

 

 

アイリス整骨院

 

です

 

 

本日は祝日の為

 

 

休診させていただいております

 

 

 

 

 

世間では

 

 

GWに入り大型連休に入った方も多いみたいですね

 

 

皆様は

 

 

どちらにお出かけでしょうか?

 

 

お出かけの際には

 

 

交通事故に十分にお気をつけください

 

 

 

さて
 

本日は、後遺障害事案で、保険会社から示談金の提示が遭った時に

 

 

注意すべきポイントについてご説明します

 

特に後遺障害についてです

 

 

示談金の提示は、保険会社から書面で来ます

 

もし、口頭で「賠償金は、○○円です」と

 

 

言われたら

 

 

必ず「それを書面で内訳を書いて送ってください」とお願いしてください

 

 

そうすると、示談金の提示書面は

 

 

「傷害部分」と「後遺障害部分」

 

 

に分けられていることに気づくでしょう

 

 

その「後遺障害部分」を見てください

 

 

「後遺障害」の欄が1つで

 

 

 

「○○円」と記載されていますか?

 

 

 

それとも、「後遺障害」が2つの欄に分けられ

 

 

「逸失利益」と「慰謝料」に分かれて

 

 

それぞれに金額が記載されていますか?

 

 

もし、1つの欄しかなければ

 

 

それは「自賠責保険」の金額が記載されている可能性が高いので

 

すぐに弁護士に相談してください

 

2つの欄に分けられ

 

 

「逸失利益」と「慰謝料」

 

それぞれに金額が記載されている場合は

 

 

その金額が問題になります

 

交通事故の被害に遭って

 

 

後遺症が残った時には

 

 

「逸失利益」と「後遺症慰謝料」の

 

 

2つが発生するのです
(例外はありますが、長くなるのでここでは省きます)
 

本日は、このうち、「逸失利益」について説明します

 

後遺症逸失利益とは

 

 

自動車事故により後遺障害を負ったため

 

 

事故前の労働ができなくなって収入が減少するために失われる利益のことです

 

 

後遺障害逸失利益の算定式は下記の通りです

 

基礎収入 × 労働能力喪失率 × 労働能力喪

 

失期間に対するライプニッツ係数

 

・基礎収入

 

基礎収入とは、事故に遭い後遺障害を負わなければ将来労働により得られたはずの収入です

 

 

・労働能力喪失率

労働能力喪失率とは、事故前の労働能力を100とした場合に

 

事故により後遺障害を負ってしまったことにより

 

 

 

労働能力が何%減少したかを表すものです

 

この労働能力は、自賠責後遺障害等級認定によって自動的に決まるものではありません

 

 

具体的な傷害の程度、被害者の職業、年齢等の事情を考慮し

 

個別の事案ごとに決められます

 

しかし、裁判所は、認定された後遺障害等級をある程度尊重して

 

 

労働能力喪失率を認定する傾向にあります

 

そして、自賠責後遺障害等級では

 

 

その等級によって、労働能力喪失率が決まっています

 

・労働能力喪失期間

労働能力喪失期間とは

 

 

労働能力を喪失した期間が何年か

 

 

すなわち働くことができる年齢までの期間(就労可能年数)を表すものです

 

労働能力喪失期間は原則として67歳までとされています

 

 

ただし、職種や能力等によって、67歳を超えても

 

 

就労が可能であると認められる場合には

 

 

それを超えた分も算定されることがあります

 

反対に、むち打ちなどの神経症状の場合には

 

 

後遺障害等級12級で10年程度

 

 

後遺障害等級14級で5年程度に制限される傾向にあります

 

 

・ライプニッツ係数

ライプニッツ係数とは、将来受け取るはずであった収入を前倒しで受け取るため

 

 

将来の収入時までの年5%の利息を複利で差し引く係数のことをいいます専

 

 

門的には、中間利息を控除する、という言い方をします

 

以上が逸失利益です
 

 

難しいですね

 

ですから、保険会社から賠償金の提示があった時には

 

 

弁護士に相談することが必要となるのです

 

 

 

ですので

 

 

任意保険には弁護士特約をおつけする事をお勧めいたします

 

 

交通事故 治療 対応 の

 

 

アイリス整骨院

 

 

では

 

 

交通事故に強い弁護士の御紹介もできますので

 

 

お気軽にお問い合わせください

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒674-0057 兵庫県明石市大久保町高丘5-13-8
駐車場完備(2台以上置けます)
予約予約優先制となっております
電話番号078-977-7713
休診日日・祝日
水曜・土曜の午後