MENU TEL

Blog記事一覧 > 兵庫県,接骨院・整骨院,明石市,腰痛 > 骨盤底筋が衰えると腰痛にもつながります

骨盤底筋が衰えると腰痛にもつながります

2016.03.17 | Category: 兵庫県,接骨院・整骨院,明石市,腰痛

兵庫県

明石市 神戸市西区(岩岡など)

稲美町 加古川市 播磨町などで

整骨院をお探しの方はアイリス整骨院へ

 

 

 

 

皆様

こんにちは

兵庫県明石市大久保町高丘にあります

交通事故治療・むち打ち治療 対応の

アイリス整骨院です

 

兵庫県の明石市で

アイリス整骨院といえば?

おかげさまで

「交通事故治療」

 

「むち打ち治療」

専門院として知名度が上がってきておりますが

実は

各種健康保険対応の症状の治療もおこなっております

首の寝違え

手首の捻挫

足首の捻挫

背部の筋肉の挫傷

肘の痛み

ギックリ腰

腰痛

膝の痛み

等々

負傷したり違和感がでた場合

すぐの治療を推奨いたします

無料相談受付中

TEL 078-977-7713

 

本日は

骨盤底筋が衰えるとどうなるのか?

についてお話いたします

 

ph-tr-tk-0005_06

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胴体の底を支える骨盤底筋

 

さまざまないくつもの薄い筋肉や靭帯が折り重なっているため

 

「骨盤底筋群」とも呼ばれています

 

単独では活動せず、腹横筋の活動と関連しており、腹圧を増加させます

 

 

とても小さな筋肉ですが、担っている役割はとても重大です

 

内腹斜筋・外腹斜筋は体幹を動かすためだけではなく

 

腹横筋とともに、腹腔の内圧を高めたり、内臓の位置を安定させるなどの働きがあります

図のように、骨盤底筋群はカラダの前面にある恥骨から

 

後ろの尾骨までをつなぐ、ハンモックのようなかたちをしている筋肉です

 

私たち人間が二本足で歩きはじめた頃から

 

胴体、つまり骨盤の底に、膀胱や子宮、直腸などの

 

生殖器や内臓器の負担がかかるようになりました

 

 

その負担から、カラダを守ろうと支えているのが、ハンモック状の骨盤底筋群です

 

この役割以外にも、排尿、排泄、分娩などの生理機能をコントロールしたり

 

腹腔内圧(腹圧)を安定させる働きがあります

 

とくに排尿などの機能には、筋肉と神経の互いの協力が必要で

 

 

高度な働きを求められるのです

 

骨盤底筋群の緩みは

 

さまざまな機能を低下させます

 

望みもしない症状が表れることにもなり

 

日常生活に支障をきたします。そのひとつに

 

 

腹圧性尿失禁という、笑ったり、咳やくしゃみをしたり、運動中にお腹に力を入れた瞬間

 

膀胱を圧迫し、尿がもれる症状があります

 

 

年齢を重ねるごとに、表われやすいとも言われていますが

 

 

こちらの筋肉は、20代から衰えはじめるらしいので、油断はできません

 

さらに、内臓器が下垂して

 

お腹がポッコリ出てしまうなんて・・・ほんとうに望んでいないことですよね

 

意外なところの筋肉が張ってしまったり

 

まさか!?のパーツに脂肪がついてしまったりと

 

ボディラインの崩れも、無関係でないことを知っておきましょう

 

 

また、腹腔内圧の低下を招き、姿勢を悪化させるため、悩みの種をつくります

 

 

ph-tr-tk-0005_07

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悩みの種とは?

 

腹圧が、正しく機能していると、

 

脊椎や骨盤の位置が安定し、湾曲を描いた姿勢をしっかりキープすることができます

 

ですが、腹圧の低下は、それに関わる筋肉

 

(骨盤底筋群・内腹斜筋・外腹斜筋・腹直筋・腹横筋)を弱化させるため

 

 

姿勢を乱し、想定外の筋肉の緊張を高めてしまい、

 

 

腰痛をひき起こす原因をつくるのです

 

 

また、姿勢の悪化による骨盤の歪みからくる

 

生理不順やPMS(月経前症候群)などは

 

 

女性特有の悩みでもあります

 

 

骨盤底筋群を強化することでサポートされ

 

 

骨盤内の、血流やリンパの流れを促進し

 

 

子宮や卵巣の環境を整えます

 

 

女性ホルモンの、ベストバランスを築くことが期待できますので

 

 

改善にもつながりやすいでしょう

 

 

その他にも、女性に関わるトラブルとしては

 

子宮が正常な位置より下がっている状態の子宮下垂

 

 

それより進行し、子宮の一部

 

 

もしくは全部が体外に出てしまった状態の子宮脱があげられます

 

 

私たちに、骨盤底筋群という

 

その小さな筋肉が

 

 

どれほど大きな役割を果たしているのか

 

 

少しご理解いただけたと思います

 

 

年齢とともに、衰えやすくなる筋肉ですが

 

 

最近では、若年者の20代・30代から

 

これら症状が表れることも少なくありません

 

 

カラダの軸となるポイントのひとつ

 

 

骨盤底筋群を鍛えて、ご自身のカラダを、さらにアップグレードしてみてください

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒674-0057 兵庫県明石市大久保町高丘5-13-8
駐車場完備(2台以上置けます)
予約予約優先制となっております
電話番号078-977-7713
休診日日・祝日
水曜・土曜の午後